お片づけ個人レッスンについてはこちら

2重買いを恐れない、たった1つのモノ

●2重買いを恐れない、たった1つのモノ

 

こんにちは♪

 

片づけカウンセラー
小坂 泉です。

 

A woman hand carrying a bunch of colorful shopping bags

「2重買い」
このワードを、聞くだけで…
反射的に「無駄買い!」と思ってしまいますよね。

 
しかし。
小坂には2重買いを恐れない(むしろ、進んで行う)、たった1つのモノがあります。

 

Opened book with flying letters on concrete background

 

それは『本』です。
「うっかり買ったことを忘れて、もう1度買ってるんじゃないの?」
と思われたかもしれませんが、そうではありません。

 

どのような2重買いかといいますと…

 

adobestock_101030891

 

「紙の本」と「電子書籍」。
同じ作品を、両方の媒体で購入します。

 

流れとしてはこうです。

 

紙の本を読んで、
「素晴らしい!」
「この作品を手元に置いておきたい!」
と感じたら、その作品の電子書籍がないか、探します。

 

もし電子書籍があれば、即時購入。
紙の本は、ひととき楽しんだ後、手放すことが多いです。
(装丁が好きな場合は、情報としての本の役割から、飾って楽しむへ変化することもあります)
 

このような行動をとる理由は、大きく2つあります。
 

第一に、作者さんを応援するため。
第二に、作品を手元に置くためです。
 

作品が売れれば、作者さんも喜びますよね。
先日、お片づけライブラリでご紹介した
「ゼロ・ウェイスト・ホーム」にもありましたが、
購入活動は「投票」。
作者さんを支持する心で購入しています。
 

また、とっておきたいな…と思う本は、電子書籍で残すようにしています。
そうするとスマホを手放さない今の時代、
いつでもどこでも大好きな本を開くことができます♪
また、電子書籍だと、タイトルを検索できます。

「本を取り出す」という行為自体が簡単になるのです。
 

先日、私が人生でとても大切にしている思い出の本を、
電子書籍として持つことを決めました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-11-25-38

水沢めぐみさんの『ポニーテール白書』です。

(いつでも読みたい本がすぐ手元にあることは、こんなにも心が温まるのか…)

と、嬉しく感じています。

本の購入量が多い小坂は、
このように本と付き合っています!

あなたもぜひ、試してみてくださいね♪

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

♪レッスン・受講のご案内♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA