2重買いを恐れないただ1つのモノ、本。小坂流・本の「流し方」 | 小坂泉 official site
お片づけ個人レッスンについて

2重買いを恐れないただ1つのモノ、本。小坂流・本の「流し方」

こんにちは♪
プロフェッショナル・オーガナイザーの小坂 泉です。

A woman hand carrying a bunch of colorful shopping bags

「2重買い」
 

このワードを聞くだけで、反射的に「無駄買い!」と思ってしまいますよね。
 

しかし。
 

小坂には2重買いを恐れない(むしろ、進んで行う)、たった1つのモノがあります。

 

Opened book with flying letters on concrete background

 

それは『本』です。

さま

うっかり買ったことを忘れて、もう1度買ってるんじゃないの?
と思われたかもしれませんが、そうではありません。

 

どのような2重買いかといいますと…

 
adobestock_101030891
「紙の本」と「電子書籍」。
 
同じ作品を、両方の媒体で購入します。

 

流れとしてはこうです。

 

紙の本を読んで、
 

こさか

素晴らしい!
この作品を手元に置いておきたい!

と感じたら、その作品の電子書籍がないか、探します。
 

もし電子書籍があれば、即時購入。
 

紙の本は、ひととき楽しんだ後、手放すことが多いです。
 

(装丁が好きな場合は、情報としての本の役割から、飾って楽しむへ変化することもあります)
 

このような行動をとる理由は、大きく2つあります。
 

第一に、作者さんを応援するため。
 

第二に、作品を手元に置くためです。
 

作品が売れれば、作者さんも喜びますよね。
 

先日読んだ本『ゼロ・ウェイスト・ホーム』にもありましたが、購入活動は「投票」。
 

作者さんを支持する心で購入しています。
 

また、とっておきたいな…と思う本は、電子書籍で残すようにしています。
 

そうするとスマホを手放さない今の時代、いつでもどこでも大好きな本を開くことができます♪
 


また、電子書籍だと、タイトルを検索できます。
 

「本を取り出す」という行為自体が簡単になるのです。
 

先日、私が人生でとても大切にしている思い出の本を、電子書籍として持つことを決めました。
 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-11-25-38
水沢めぐみさんの『ポニーテール白書』です。
 

こさか

いつでも読みたい本がすぐ手元にあることは、こんなにも心が温まるのか…

と、嬉しく感じています。
 

小坂流・本の流し方

{D294D394-2E95-4463-ACBA-BE0D01D9D54D}

せっかくなので、本の扱いについて、もう少し掘り下げてみます。
 

あなたは、「本」とどのようにつきあっていますか?
 

???

購入したらなにげなくお家の本棚に立てて、そのままどんどん増えていくんです・・。

というお話をよく伺います。
 

今回は、ご参考として、小坂の本とのお付き合い方法をご紹介いたします!
 

{207AA037-A562-4C4E-9EFC-74073A2A8B1A:01}
2016年現在、小坂家の本棚はこんな感じです。
(サブカルはご愛嬌♪)
 

右のボックスはCDやゲーム類。
 

そして、あひるの空やスラムダンクが収まっている本棚は、実は旦那おヒロのもの。
 

なので、小坂本人の本棚スペースは、
 

{54EB4D51-7D3F-4BE3-8081-E7B05050AEA7}
実は、これだけです。
 

では、小坂のどんな読書ライフを行っているのかといいますと。
 

まず、小坂は、本は「新品で買う派」です。
 

本屋さんでピン!ときたもの。
 

人からご紹介いただいたもの。
 

気になったときに、気になった情報をすぐに手に入れて、一気に取り込みます♪
 

ちなみに、電子書籍でも読みます。
 

そして読み終えたら、ブクログで読んだ本の記録と、感想をロギングします。
 

{B454B7EE-8555-44ED-85E0-723487BC7038}
そしてログをとったら、何度も読み返したい殿堂入りの本でない限り、欲しがっている人にあげたり、売りに出したりして「本」そのものとは、早いうちにお別れします。
 

本は、紙に文字を記録して、情報を届けてくれるモノ。
 

情報のお届けが終了した本は、特別な思い入れや、特化した役割がない限り、基本的にはお役目を終了しています。
 

情報は「鮮度」が命。
 

「欲しいとき」に「欲しい情報」をギュッと得て、情報の巡りを良くしておくことが、とても大切。
 

手にしない本をそのまま本棚に置いておくと、スペースをとるばかりで、情報の巡りが滞ります。
 

あなたの本棚、アップデートされていますか?
 

あなたの本との付き合い方を、ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね♪
 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA