お片づけ個人レッスンについて

なぜお片づけをしたら、人生がときめくのか。小坂に起きた、お片づけの魔法のお話

ご閲覧いただきありがとうございます!

 

プロフェッショナル・オーガナイザーの
小坂 泉です。

 

私、小坂 泉は。

 


自分の思い描いた夢を、自らの意志で実現し、幸せな人生を歩むことができる人間を一人でも増やす

 

この思いを胸に、活動している人間です。

 

 

きっかけは、挫折の日々

 

 

今でこそ大きなビジョンを掲げている私ですが、昔は、他人の夢を叶えようと動く人形のような存在でした。

 

  • 美術に携わりたい。
  • 体を丈夫にしたい。
  • 幸せな家庭を築きたい。
  • 自立したい。
  • 趣味をもっと増やしたい。

 

自分の夢はいろいろ浮かんでいるのだけれど、なぜか、行動できない。

 

  • 何故か、体の調子がおかしい…胃が痛い、頭が痛い…
  • 時間がない。
  • 忙しい、なぜか忙しい。
  • 世間様に認められない気がする。
  • 親がこれを希望していない、親に叱られる気がする。
  • そもそも今そんなことやっていいんだろうか。
  • これは私がやらないとあの人が困る…

 

そんな、思考の呪縛に囚われ、自分の夢をたなに置き…

 

サラリーマンとして社会に出てもなお、世間体や親の顔色を伺うような思いが駆け巡り、頭をずっとぐるぐるさせておりました。

 

また、体をずっと壊していました。

 

もともと、モノのお片づけは苦手じゃない私だったのに…

こさか

 

頭が混乱している時に限って、モノがどんどん散らかり溢れていく。

 

そんな時、私は無意識に「モノのお片づけ」をしていたようです

 

ふとある時、その場にいたパートナーに、こう言われました。

 

???

泉、モノを片づけても、頭の中は片づかないんだよ

 

その言葉を、私は今でも鮮明に覚えています。

 

その声がけで、私ははじめて頭と体がぐしゃぐしゃの時に、無意識にモノの片づけをしていたことに気づかされたのでした。

 

彼の言葉は間違ってる。
モノを片づけると、なぜか頭がスッキリする。
でも、なんでだろう?

こさか

 

そんなきっかけで、お片づけに興味を持ちました。

変わるきっかけは、1冊の本との出会い

ふと、ある日。

 

何気なく立ち寄った書店で『人生がとめく片づの魔法』というタイトルの本が目に飛び込んできました。

 

人生がときめく、魔法?
人生を、ときめかせたい…!

こさか

 

ほぼ反射でそう思い、すぐに本を購入。

 

一気に読みふけりした。

 

その本の最後には、『本当の人生は片づけた後に始まる』と書かれていました。

 

何かしらのご縁があってこの本を手に取ったあなたは、きっと現状を変えたい、人生をリセットしたい、輝かせたい、もっと今の生活を良くしていきたい、もっと幸せになりたいと考える、きわめて意識の高い人です。

そんなあなたなら、絶対に、片づけができるようになると保証します。

片づけをしようとこの本を手に取った時点で、あなたは一歩を踏み出しています。

この本をここまでお読みいただいたあなたなら、次に何をするべきかわかっているはずです。

ー 『人生がときめく片づけの魔法』より

 

この人に会って、片づけを完遂しよう。

こさか

 

そう心に決め、ホームページをチェックしました。

 

この何気ない行動から、錆び付いていた自分の意思が、動き始めました。

お部屋が変わったら、自分も変わりはじめた


ご縁に恵まれて、近藤麻理恵さんに師事。

 

個人レッスンを経て「お片づけ卒業です!」と言われた頃には、私は、他人の夢を叶えようと彷徨う人形から、自分の夢を叶えようと動ける人間に、少しずつ変化していました。

 

自分が今現在必要なモノを、ひとつ残らずしっかり見極めるお片づけを通して。

 

 

「自分の行動は、自分が決めているのだ」という、言われれば当たり前のことを、きちんと自覚できるようになったのです。

 

 

そして、過去ではなく、今現在から選択が、幸せな未来を作るということも、しっかり理解できました。

 

 

ときめき片づけを通して、私は自分自身を「他人の意見に翻弄される自分」から「自分の意思を大切にする自分」再構築できました。

 

そしてその後。

 

今まで叶えたかった夢が、次々と実現し始めたのです。

 

細かい事をあげれば、キリがないほどの変化がありました。

 

どれもこれも、過去の自分では夢のまた夢だった現実です。

 

私は、「片づけを行う」という一歩を踏み出したことで、自分の過去に「片」をつけ、これらを手に入れることができました。

 

この文を読んでくださっているあなたにも、なんだかもやもやする今の自分に「片」をつけて、いち早く!ときめく人生を送ってほしい。

 

そう願ってやみません。

 

この記事を読んでいるお片づけ意識が高いあなたなら、必ず気になっていることに「片」をつけることができます!

 

辛かった過去に「片」をつけた私と一緒に、人生まき直しの一歩を踏み出してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA