お片づけ個人レッスンについて

【流れる片づけ】生きているかぎり、選択は続く。お片づけはじめに確認すべきは、あなたとモノの関係。そして、あなたの目指す「役割」です。

こんにちは♪

 

プロフェッショナルオーガナイザーの小坂 泉です。

 

以前こちらのブログで、お片づけで人生を変えるためには、日々モノを流していく必要があるとお伝えしました。
 

お片づけを終えても人生が変わらない人は、モノの「流し方」でつまづいている。変わるために、モノと時間をセットで整えよう  

必要なものを手に入れ、使い、手放していく循環。
 

この巡りのことを、今後「流れる片づけ」と称し、このお片づけを習得するための大切なポイントについてお伝えしていきます。
 

「お片づけ」と聞いて、何を思い浮かべますか?

お片づけの先生をしています

こさか

 

と自己紹介すると、皆様口を揃えておっしゃる言葉は「断捨離」
 

次に、「収納」でしょうか。
 

「ごめんなさい」と懺悔されることもとても多いです。
 

確かに、「モノを捨てる」も、「モノをしまう」も、お片づけの一部。
 

しかし、流れる片づけを習得したいなら、ここでもう一歩踏み込んで頂く必要があります。
 

  • モノを捨てる。モノをしまう。それは、何のために?

 

流れる片づけを始めるときは、いきなり「モノ」にフォーカスしないことが重要です。
 

まず、自分とモノの立ち位置を確認しましょう。
 

「モノ」と「あなた」の立ち位置をイメージしよう

 

まずイメージしていただきたいのは、「モノ」と関わる際の「あなた」の立ち位置です。
 


 

あなた自身にフォーカスしてください。
 

人生の主役は、あなたです。
 

???

(こんな自分になりたいな…)

ぼんやりと(あるいはしっかりと)、あなたが望むもの(役割)があり、そうなるためには超えなければならない壁(目標)のようなものがあって…
 

その目標を叶えることの一環として、あなたは現在、今の家に住み、モノの出入りがあるというイメージです。
 

あなたは、モノの流れをコントロールする人。
 

自分の生活を満たす燃料にする「モノ」を手に入れる
 

その「モノ」を使う事で自分を輝かせる。
 

やがてその「モノ」を使い倒し、燃えつきたら手放していく
 

この代謝を繰り返している人です。
 

どうですか?イメージできそうですか?
 

この、モノを「手に入れる(IN)」→「使う(USE)」→「手放す(OUT)」の流れのイメージ
 

オタク小坂の独特な視点ですが、ちょっと「モノ」を擬人化して、2つの例で示してみますね。
 

(ここで少し余談ですが、人は、生まれてから死ぬまで、モノに触れていない瞬間はありません。ということは、モノの人への影響力は絶大だと何となく想像できますよね。)
 

スポーツの試合でイメージしてみた

まず一つめの例は、スポーツの試合。
 

たとえば、そのスポーツがバスケットボールだったとしましょう。
 

こんな風に想像してみてください。
 
あなたは「チームの監督」を任されています。
 
あなたは「試合に勝つこと」で輝きます。

 

とすれば…
 


手に入れるべき(IN)は、エネルギー溢れる選手、あるいは、試合の状況にあった選手。
 

使うべき(USE)は、試合の状況における「ベストメンバー」。
 

手放すべき(OUT)は、消耗した選手、あるいは、試合の状況にそぐわない選手です。
 

プロジェクトでイメージしてみた

 

もう一つ、例をあげてみましょう。
 

今度は会社などでおなじみの「プロジェクト」です。
 

こんな風に想像してみてください。
 

あなたは「プロジェクトマネージャー」を任されています。
 

あなたは「プロジェクト(案件)の完遂」で輝きます。
 

とすれば…
 


手に入れる(IN)は、必要な人やモノと出会うフェーズ
 

使う(USE)は、最適メンバーで一緒に作業するフェーズ、
 

手放す(OUT)は、目標を達成して別れるフェーズです。
 

どうですか?
 

少しはイメージの助けになりましたでしょうか?

「モノ」を流すためには、「立ち位置」の「役割」を決める必要がある

 

例に出てきた、チームの監督や、プロジェクトマネージャー。
 

小坂が勝手に役割を置きましたが、もちろんこの役割は、あなたが好きに決められます。
 

というわけで、モノを流すためには、必ず、あなたがどんな役割を望んでいるかを知る必要があります。
 

でなければ、必要なモノを手に入れることもできず、使うことも手放すこともできません。
 

では、あなたがこれから何を望んでいるのかを考えてみましょう!
 


 

ぜひ、お手元に紙と鉛筆を用意して、一緒に作業してみてくださいね!
 

あなたが今から未来に向けて行いたい「役割」を考える

 

あなたが「今」行っている役割と、「未来」に行いたい役割を、思いつくまま紙に書き出してみてください。
 

「役割」についての詳しい説明は、こちらにブログをご参考にどうぞ!
 

お片づけを終えても人生が変わらない人は、モノの「流し方」でつまづいている。変わるために、モノと時間をセットで整えよう  

「役割」を3つ以内に絞る

 


 

役割をざらっと書き出したら、出てきた役割の中で、あなたが最も演じたい役割、TOP3を残します。
 

時間は有限です。
 

たくさんの役割を行えば行うほど、それぞれを経験できる時間や効果は分散します。
 

なるべく経験を集中させるためにも、役割は3つ以内に絞ることをお勧めします。
 

「役割」に対して「一年以内に実現したいこと」を決める


3つ以内に絞ったそれぞれの役割に対して、一年以内に実現したいことを、紙に書き出しましょう。

 

ここまで考えてようやく、その目標に必要なモノたちを選ぶ基準ができあがります。
 

今回のまとめ


繰り返しますが、あなたは日々、モノの流れをコントロールする人です。
 

モノを手に入れ、使い、手放して、代謝を繰り返す。
 

そしてモノを使った体験で、自分自信をを変えてゆくのです。
 

モノの流れが整うことで自分が輝き出したら、流れる片づけがどんどん好きになれますよ♪
 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA