お片づけ個人レッスンについて

【お片づけBefore&After】片付けだけでなく生きていく上でのヒントまでくださり本当に参考になりました。

こんにちは♪
プロフェッショナルオーガナイザーの小坂 泉です。
 

前回のレッスン

【お片づけBefore&After】今の自分を同情もせず、否定もせず、そのままわかってくださり、その対応に救われました。

今回のレッスンは「小物類」

昨日は、2週間ぶりにMちゃんのお宅へ。
 

毎日バイトがあるにもかかわらず、小物カテゴリの半分まで進んでいました!
 

素晴らしい…!

 


レッスンは、各カテゴリの見極めがちゃんとできているかをチェックするところからSTART。
 

Mちゃん、とあるお悩みをポツリと伝えてくれました。

 

Mちゃん

どうしても、「うた☆プリ」メンバーが掲載されている雑誌が難しくて…

 


「本」カテゴリの雑誌、『電撃Girl’sStyle』(通称:ガルスタ)の山に困っていたご様子。
 

声優を目指すMちゃんの場合、ガルスタは「本」とはちょっと性質が違うアイテムです。
 

「思い出品」のような、過去の懐かしいモノでもなく「思い入れが深いモノ。」

 
小坂は最近、この性質のモノのことを、「思い出品」とはわけて、「核心(かくしん)のモノ」とよんでおります。

 


「核心のモノ」。
 

大切すぎる、思い入れが強すぎる。
 

これがなくなったら自分が崩壊してしまう。
 

捨てられない、怖い、辛い、でも大切…?
 

想いが強すぎて、判断することすら憚られるアイテムです。

 
現場で個人レッスンを重ねるうちに、

???

「思い出」とは違うんですけど…

と、「思い出品」というカテゴライズに異を唱える方が多くいらっしゃいました。

 
「思い出」なんて、過去の体験を思い出すだけでは終わらない。
 

それよりももっと執着に近いような、あなたの意識を占めるモノ。
 

思い出品と同等の難しさがあり、触れることすら難しい方が多く、多くの人は、手でさわったら必ずフリーズ(静止)します。

 
このモノ。人によっては、心理錠(サイコ・ロック)がかかってしまっていて、そんな状態の時、お客様は100%動揺しています。
 

このモノを見たお客様は、必ずこうおっしゃいます。
 

???

「無理。捨てられない。」

この「捨てられない」は、「廃棄できない」という意味とは違います。
 

多くを占める意味は「あきらめられない」です。

 

このモノがどのカテゴリにあるかは、完全に人によって違います。
 

このモノに対するアドバイスとして、言えることは一つです。

「どうしよう!」とパニックになったモノは、迷わず、ラストの見極めに回してください。
 

それがたとえ、「衣服」カテゴリのものであってもです。
 

決して、勢いで捨てたりしないでください。
 

せっかくのチャンスを棒に振ることになります!

 

小坂の経験上、そのモノは、あなたの人生の役割を教えてくれるキー・アイテムです。

 

お客様のご感想

 

Mちゃん
今日は本当にありがとうございました♪
 

片付けだけでなく生きていく上でのヒントまでくださり本当に参考になりました。
 

また「なりたい自分」と「なりたくない自分」を書き出して、「なりたい自分」になれるように日々がんばります♪
 

今日一番印象に残ったのは、片づけ前に行ったワークと小物類の量の多さ。
 

本、書類、小物類をチェックしてもらいましたが、小物類が想像以上に多かったです!
 

宿題は、

  • とにかくゴミを捨てる!
  • 服を売る!
  • 小物類(アニメグッズ)を整理する!
  • ワークをもとに時間の整理整頓を身につける!

 

泉さんの良いところは、細やかな心遣い。
 

私の悩みの核を一緒に探してくださったこと。
 

資料などを用意してくださったこと。
 

こんまり先生みたいに、いずみ先生にあだ名があればいいなと思います♪

あだ名…募集中です(笑)
 

次で卒業を目指すMちゃん。
 

ガルスタのせいで部屋が片づかないと勘違いしていましたが、見極めを後回しにしたことで、お役目を終えた小物がスペースを占めていたこと、そしてガルスタが「核心のモノ」であることに気がつくことができました。

 

さぁ、アニメ系のモノの見極めでラストスパート!
 

(押入れにモノがないことにご注目♪)
 

4月中に一気に駆け抜けましょう〜!!
 

次回レッスンの様子

【お片づけBefore&After】迷った時、答えが出るまで一緒に悩んでくれたこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA