お片づけ個人レッスンについて

【流れる片づけ】お片づけをはじめる前に行うべき仕組みづくり

こんにちは♪
プロフェッショナルオーガナイザーの
小坂 泉です。
 


 

この記事では、より具体的に「流れる片づけ」を実践する方法についてお伝えしていきます。
 

前回の記事

お片づけを終えても人生が変わらない人は、モノの「流し方」でつまづいている。変わるために、モノと時間をセットで整えよう 【流れる片づけ】生きているかぎり、選択は続く。お片づけはじめに確認すべきは、あなたとモノの関係。そして、あなたの目指す「役割」です。

流れる片づけの手始めは、仕組みづくり

流れる片づけでは、あなたがあつかうモノの流れを「家の外」から考えます。
 

そして、モノの状態を
 

  • IN(イン/手に入れるもの)
  • USE(ユーズ/使うもの)
  • OUT(アウト/手放すもの)

 

の3つの位置づけで表します。
 

捨てさえすれば、本当になんとかなる?

お片づけをするとき。
 

あなたは、家の「」にばかり目を向けていませんか?
 

家の中から、とにかくモノを捨ててしまえばいいんだ。
 

捨てさえすれば、なんとかなるんだ。
 

捨てなきゃ、捨てなきゃ。
 

最小限のモノにしてしまえば、ときめくものだけ残れば、悩みはなくなるはず…?
 

残念ながら、そんなことはありません。
 

確かに、捨てさえすれば、一時的にモノはなくなります。
 

けれど、そのあとは?
 

モノをどう管理していけば良いのでしょう?
 


 
モノを手に入れる。
 

モノの定位置を決める。
 
モノを使う。
 
モノが朽ちていく。
 
モノを手放す…。
 

大切なことは、暮らしの一連の「モノ」の流れを正すことです。
 

暮らしのモノの流れは、お家にモノを入れるところから、お家のモノを手放すところまで。
 

家の「中」だけを考えていては、モノもあなたも停滞してしまいます。
 

手始めに行うべきは、アウトの準備


あなたは、望む役割を行うために今のお家に住んでいて、モノを手に入れ、使い、手放すというイメージです。
 

イン、ユーズ、アウト。
 

この3つのうち、まずはどこから流れを整えれば良いのでしょうか?
 

それは、アウトの部分です。
 

ここで、

???

まずは捨てるを終わらせる、でしょう?

と感じた方もいるかもしれませんが、ちょっと違います。
 

その前の段階のお話です。
 


例えば、洗面所で水を流そうと思った時、排水口が詰まっていては、水は流れませんよね。
 

つまり、モノを出す仕組みを整えなければ、モノは流れはじめません。
 

お片づけをはじめる前に、モノのOUTをスムーズに行うことができる仕組みを作りましょう。
 

「捨てるのが面倒。」と感じたことはありませんか?

あなたは

???

不要なモノを選ぶのはできるけど、捨てるのが面倒。

と感じたことはありませんか?
 

なぜ、こう感じてしまうのか。
 

それは、捨てるハードルが高い「原因」が存在するから。
 

「ゴミ捨てルールを知らない」も、その原因の一つです。
 

片づけられない人に共通することは、ごみの分別ルールや曜日を知らないこと。
 

小坂の所管だと、約7割くらいの確率で、個人レッスン現場で検索してお伝えしています。
 

もしあなたも「自信がないな…」と感じた場合は、ぜひ今すぐ確認してみてください!
 

方法はカンタン。
 

インターネットで、 「ゴミ 出し方 ●●(お住いの市区町村)」で検索してみましょう。
 

お住いの地域のルールを伝える情報が出てきます。
 

多くの地域で、保存版のチラシをPDF形式でWEBに置いています。
 

???

なるほど、このチラシを印刷して、いつでも見られるように置いておけばいいのね♪
 

そう感じた方、ご名答!
 

その仕組みでもOKです♪
 

WEBブラウザのブックマークにページを保存するのも、いいですね。
 

でも実は、もっと「あなたがラクになる」方法があります。

 

毎回ゴミ出しの情報を調べるのは、意外とめんどうなもの。
 

できれば「考えなくてもできる仕組み」を作りたいですよね。
 

そこで、小坂からご提案する方法は二つあります。
 

一つめは、ゴミ箱にラベリングすること。
 

二つめは、携帯電話の予定に入れて、リマインドすることです。
 

それぞれの仕組みの作り方を、簡単にお伝えいたしますね。

 

ゴミ箱にラベリングする

これは、駅やコンビニ、パーキングエリアのゴミ箱を想像してもらえればわかりやすいと思います。
 
ごみの分別ルールにそった個数のゴミ箱を用意しましょう。
 
はじめは、ダンボールでも構いません。
 
家の中のダンボールを殲滅することより、ごみ(OUTするモノ)の定位置を作ることの方が大切です!
 
以下の写真の感じで、ラベリングします。
 
必要なラベル情報は、

  • ごみを捨てる曜日
  • 入れるものは何か

です。
 

ラベルに曜日を書くことで、毎回チラシを見る手間がなくなります。
 

スマホの予定に入れて、リマインドする

こちらは、機械に強い人向けになってしまうかもしれません。
 

ただとってもオススメなので、ぜひチャレンジしていただけると嬉しいです♪
 

お使いのスケジューラにて、終日予定をこのように設定してみてください。
 


ポイントは、リマインドの設定すること。
 
そうすると、スマホからアラートで教えてもらえます。
 
(小坂は、1日前の9時に教えてもらうようにしています。)
 
まるで、秘書のようですね。
 

ちなみ小阪家では、ファミリー共有の予定表にこの設定を行っています。
 

朝の出勤時、玄関にごみ袋が出ていない場合は、互いに声をかけあっています。
 

そして、ごみを出してくれた相手に「ありがとう」を伝えるルールです♪
 

ご家族やパートナーと予定やゴミ箱を共有している場合、どちらの仕組みにも共通するメリット。
 

それは、「あなた以外の人にも、ルールがわかる」ということです。
 

ぜひ、うまく協力できる仕組みを作ってみてくださいね! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA