お片づけ個人レッスンについてはこちら

ICSC#7:『家に空き箱がない時、紙袋で箱を作る方法』

ICSC#7:『家に空き箱がない時、紙袋で箱を作る方法』

編集後記

『家に空き箱がない時、紙袋で箱を作る方法』。
今日は小坂ソロで撮影しております!
昨日、整体のお姉さまにいただいた
「仕切りに何を使えばいいの!?」というご質問からでした。

お姉さま曰く、
「無印の収納用品エリアに行ったら、商品が多すぎて気持ち悪くなって、回れ右して帰ってくるの…」とのこと。

まず大原則として、
収納用具を買うのは、モノを全て選別し終わってからです。
(収納するモノの総量が確定していないため。)

なので、レッスンでは、
空き箱等を使い、一旦「仮収納」します。

ただ、個人レッスンに伺う際、
「空き箱を取っておいてくださいね〜!」とアナウンスするのですが、
空き箱って現場にないことが多いのです。

そのかわりと言ってはなんですが、
紙袋は、必ずと言っていいほど溢れています(笑)

なので、仕切りが欲しいときは、
この紙箱をせっせと現地で作ることが多いです。

この紙箱のいいところは、
引き出しの高さに応じて、高さを変化させられるところ。
ちょっとブランド物の紙袋さんなどですと、
仕切りをあえて買わなくてもいいくらい
かっこいい代物になります♪

あと、上の部分をあえて切らずに織り込んでいるのは、
側面の強度を出すためです。

ただ、持ち手の部分は切ってしまっても大丈夫です!
持ち手の部分が紐だったり、リボンだったりする場合も
取り外してから作ってみてくださいね!

チャンネル登録はこちらから♪
https://www.youtube.com/channel/UCH2_WHRQuGBom9CRqLqyjyQ

少しでも、あなたのお片づけの原動力になれたら嬉しいです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA