お片づけ個人レッスンについてはこちら

マラソンの話 。〜はじまり〜

「私も走る事が目標なんです!」
「泉さんは、もともと陸上部だったのですか?」
最近は、マラソンについて質問される機会が増えてきました。
逆算手帳に記す「人生の柱」に「Runner」とあったり、インスタのお写真がきっかけなのでしょう。

(あれ?何年前に始めたんだったかしら…?)

と自分でも立ち止まる事が増えたため、
備忘録のためにも記事にしようと思います。

やっと最近、「趣味なんです!」と堂々と言えるようになってきたマラソン。
2018年3月現在、フルマラソンとウルトラマラソン(42.195Km以上)のみをカウントすると、12回完走しています。

2013年2月17日。ランナーに憧れて、 青梅マラソン10km参加がキッカケで始まった 私のマラソン人生。 2018年3月の時点で、完走回数は12回。 (フルとウルトラのみカウント。) それだけ聞くと華々しいですが、 フルマラソン10勝1敗、ウルトラマラソン2勝1敗。 チャレンジの中にも、毎回の葛藤があります。 はじめから走れたわけじゃない。 次のブログは、最近よく聞かれるマラソンについて。 #流れる片づけ #流式 #片づけ #整理整頓 #こんまり #収育 #収育指導士 #整理収納アドバイザー #近藤麻理恵 #断捨離 #ミニマリスト #organizedlife #minimalist #sparkjoy #小坂泉 #create #gyakusan #gyakusanplanner #逆算 #逆算手帳 #happyplanner #challenge #marathon #fullmarathon #ultramarathon

Izumi Kosakaさん(@izumikosaka)がシェアした投稿 –

そんな小坂がトレーニングを開始したのは、
30歳の時。

ランナーになりたい!と感じた動機は、
「自立」への強烈な憧れでした。
(余談ですが、お片づけをしていた時期もこの頃です。)

今でも覚えているきっかけは、テレビ番組。
ゲストは秋野暢子さん。
毎日のトレーニングについてキラキラと語る秋野さんのお姿に、マラソンに裏打ちされた自信を感じたのです。

<私とラン> 秋野暢子 「初めてフルマラソンを走る人へ」
27歳くらいのときに「身体の肉の付き方が変わってきたわ」と思った日があって。真面目に走るようになったのはそこからです。

偶然みた映像で、
私の中に「ランナー=自立」という
方程式が生まれました。

無理かもしれない。
でも、こんなに素敵に語られるスポーツだもの。
一度はチャレンジしてみたい!

そう感じた小坂は、きっかけ作りに、
無謀にも大阪マラソンと東京マラソンへの
エントリーを試みます。

当時から抽選だった両大会。
結果はどちらも落選。
「万が一、当選しちゃったらどうしよう…」とドキドキしていた事もあり、情けなくもホッとひと息。

ただ、マラソンへの憧れは思いのほか強く。
挑戦はこのままでは終わりませんでした。

(いきなりフルマラソンは、あまりにも博打すぎるな…)

とさすがに冷静になった時、
当時の職場の近郊で
青梅マラソンという歴史ある大会が
開催されていることを知ります。

まずは10kmからだよね!
と、気軽にエントリーしました。
「高低差」というポイントを全く知らずに…。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA