お片づけ個人レッスンについて

【お片づけBefore&After】もっと、ほんとうの自分との対話で、 自分は何がしたいのか決断できるようになりたいと思いました。

こんにちは♪
プロフェッショナル・オーガナイザーの小坂 泉です。

本日ご紹介するのは、逆算手帳で計画を立ててお片づけを頑張っていらっしゃるJさまの個人レッスン♪

のろのろしていると、状況が変わってしまいますね…

Jさま

としっかり今を意識してご依頼くださいました!

 

ありがとうございます…!

前回のレッスン

【お片づけBefore&After】昔大事だったものたちを、強制的に切り捨てるようなことが片づけだと思っていた。でも…

今回のレッスンは「本」

今回は、2回目の本のレッスンの感想をご紹介いたします。

 

初回は、1日で服の見極めを終えられたJさま。

お片づけの前に、使っていただいている逆算手帳の進捗チェック&ビジョンの再確認をしてお片づけ作業に進みました。

 

本は、Jさまの「核」のもの。

 

膨大な量があるので、棚ごとに分割しつつ進めました。

お客様のご感想

Jさま
今までは、本とか絶対捨てられない感じでしたが、小坂さんと対話しながら見極めていたらたくさん手放すことができました。

 

小坂さんがいてくれると、なぜかたくさん処分できます。魔法のようです。
 

モノの量は、自分の想像より多かったです。
 

これでもまだ全体の半分もいってないのかと思うと、どれだけ集めたんだと思います。
 

親からは「捨てることは悪いこと」という価値観をもらいその後、それが消えないまま「断捨離」という概念が生まれた後は、「捨てないことは悪いこと」という概念が追加されて、捨てても捨てなくてもどちらでも、罪悪感が生まれ、「辛い!」という感じになってたんだなーと思いました。
 

わたしは人から「良く思われたい」と無意識に思っていて、相手がいいといってくれそうな行動を選ぼうとする癖があるようです。
 

そんな風に、相手に媚びるのではなく、もっと、ほんとうの自分との対話で、自分は何がしたいのか決断できるようになりたいと思いました。
 

宿題以外に、次のレッスンまでにチャレンジしたい事は、これからやりたいこと、なりたいものをもっと明確にすること。
 

そうすればもっといらないものがわかるはず。
 

でも、はじめからそんなに絞り切ることは難しいかもしれないし。
 

今くらいのラフな精度で全体を終わらせて、再び全体をさらっていくことで、もっと絞れていくかも。
 

お片づけ、一人でもできるようになりたいです。

小坂のワンポイントアドバイス

こさか

レッスン回数を重ねるにつれて、どんどん見極めのスピードが上がっていくJさま。
残るモノを再確認することによって、自分が大切にしているモノゴトが視えてきますよ!

Jさま、素晴らしい成果です!さすが!
 

6月も引き続き一緒に進んでまいりましょう♪

次回レッスンの様子

【お片づけBefore&After】「片づける」のは、「しまう」ということだと、無意識に思ってた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA