お片づけ個人レッスンについて

『整理収納アドバイザー公式テキスト 一番わかりやすい整理入門』 澤 一良(著)お片づけライブラリvol.8

こんにちは♪
プロフェッショナルオーガナイザーの小坂 泉です。
 

本日の1冊

整理収納アドバイザー公式テキスト 一番わかりやすい整理入門 第4版
澤 一良 一般社団法人ハウスキーピング協会
4899903588

「片づけなんて、いつでもできるじゃないですか」
 

職場でそう言われたことがありました。
 

そのときにこみ上げてきた静かで強い怒りが、まだ心のうちで燻っています。
 

その発言をした人は案の定、人生に迷っていました。
 

森の中で木を倒そうと、一生懸命ノコギリをひいているきこりに出会ったとしよう。
「何をしているんですか」とあなたは訊く。
すると「見れば分かるだろう」と、無愛想な返事が返ってくる。
「この木を倒そうとしているんだ」
「すごく疲れているようですが...。いつからやっているんですか」
あなたは大声で尋ねる。
「かれこれもう五時間だ。くたくださ。大変な作業だよ」
「それじゃ、少し休んで、ついでにそのノコギリの刃を研いだらどうですか。そうすれば仕事がもっと早く片付くと思いますけど」あなたはアドバイスをする。
「刃を研いでいる暇なんてないさ。切るだけで精一杯だ」と強く言い返す。
(『7つの習慣』フランクリン・コヴィー・著 P.432~)

『7つの習慣』でお馴染みのフランクリン・コヴィー氏は、第七の習慣「刃を研ぐ」そう提唱していますが、片づけは「刃を研ぐ」作業と同じ。
 

道具がきちんとメンテナンスされていなければ、いい仕事はできません。
 

お片づけは、道具ではなく「自分」をメンテナンスし、日々のスタートラインに立つため行為。
 

小坂はそう考えています。
 

本日ご紹介する本は、「整理収納アドバイザー」公式テキスト。
 

NPO法人ハウスキーピング協会の会長、澤一良さんのご著書です。
 

最近は大きく取り上げられませんが、こんまりさんも、整理収納コンサルタントです。

▼ご参考・こんまりさんのブログ
http://ameblo.jp/konmari/entry-10240885074.html
 

整理収納のメリットを論理的に紹介くださっているのが特徴です。
 

早速、内容を見ていきましょう。

私たちがついつい整理というものを後回しにしてしまうのは、整理で得られる利益が何なのか、具体的にわかっていないからなのではないでしょうか。
 

正しい整理のスキルは、整理をする人の心が正しい認識にあるときに初めて身につくのです。
 

整理すると具体的にどんな効果があるのでしょうか。(中略)大きくわけて3つあります。時間的な効果、経済的な効果、精神的な効果です。
 

今までみなさんが整理をしたくなかった理由は、生活してきた後で、後始末をするという意味に整理をとらえていたからだと思います。だから、面倒くさいものに思え、やりたくなかったのです。そうではなくて、整理をすることによって、みなさんの人生が変わり出すスタートだというふうにとらえたら、整理はもっと楽しくなるはずなのです。そういうふうに意識を変えていくと、整理をこれまでとはまったく違った活動として楽しめるようになります。
 

整理とは区別すること
 

モノと人間の関係 という新しい概念
☆アクティブ…今、必要なものだけで暮らしていこうとするシンプル派
☆スタンバイ…モノがすぐに使えるように保存されている状態
☆プロパティ…モノを持っているだけですぐに使える状態ではない
☆スクラップ…全くモノを捨てない状態
 

モノは製作者の意図とストーリーという意志を持っている
 

整理・収納スキル5つの鉄則
【鉄則1】適正量をきちんと知ればモノは増えない
【鉄則2】動作・動線とモノを置く高さを意識すれば散らかりにくくなる
【鉄則3】使用頻度別収納で圧倒的に使いやすく
【鉄則4】グルーピングで無駄な動作をなくす
【鉄則5】定位置管理で「探し物」の必要なし

モノの見極めの”主な”判断基準に、こんまりさんが「感情(ときめき)」でアプローチすることに対して、澤さんは「事実(使っているか、使っていないか)」でアプローチしていることがポイントです。
 

ここであなたは、「結局どちらのアプローチがいいの?」と思われたかもしれませんね。
 

その答えは、「どちらでもいい」です。
 

ただ、どちらを選んだにせよ、気をつけていただきたいポイントはあります。
 

それは、「そのアプローチ方法を選択した」という自分の行動に納得していること。
 

一回やってみて、しっくりこなかったら、アプローチを変えてみるのも、全然アリですよ♪
 

整理収納をお仕事にしている方は必読の本です。
 

ぜひ、チェックしてみてください!

目次

1章 整理はこんなに得をする
 …わかっていても、あなたの家が散らかる理由(整理をするとこんな効果がある!)
 まずは整理をスタート地点としてみよう!
 整理ができない人の思考と行動パターン
2章 整理を始める前に知っておきたいこと
 …整理に対する新しい概念をもってみよう(整理とは区別すること)
 グラフで見るモノの増え方
 「捨てる」と「棄てる」の違い
 モノは製作者の意図とストーリーという意志を持っている
 「一生モノ」は慎重に選ぼう
 モノと人間の関係という新しい概念
3章 整理・収納スキル5つの鉄則
 …適正量をきちんと知ればモノは増えない
 行動動線とモノを置く高さを意識すれば散らかりにくくなる
 使用頻度別収納で圧倒的に使いやすく
 グルーピングで無駄な行動をなくす
 定位置管理で「探し物」の必要なし
 覚えておきたい収納のポイント
 整理上手になるためのステップ
4章 整理収納アドバイザーというお仕事
 …整理収納の理論に基づいた実例編
 依頼主へのヒアリングは、良い整理への入り口です
 最終目的は、依頼主の生活スタイルを理想的な方向へ変えていくこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA